5月2022

八千代市の補助金ご存知ですか?住宅用設備等脱炭素化促進事業補助金についてお知らせです!

(2022年05月13日)

こんにちは!スタッフ森です。

世界中でカーボンニュートラルの動きが進んでいますね。

 

 

千葉県でも、太陽光や蓄電池設置に伴う補助金事業が各自治体で毎年のように行われています。

今年からは太陽光発電は県で共同購入者を募って補助をする形に変わりました。

各市町村自治体では、従来の補助に加え、電気自動車や充電設備に対しての補助も行われるようになりました。

近日、続々と公表されている令和4年度の住宅用設備等脱炭素化促進事業補助金の一部を以下にまとめてみました。

 

 

※V2H・・・”Vehicle to Home”の略称で、EV(Electric Vehicle/電気自動車)等に搭載された電池から家庭(Home)に電力を供給できる機能です。くわしくは過去ブログをどうぞ。

 

八千代市

八千代市は太陽光補助金はなくなり、蓄電池補助金が7万円になりました。

V2Hにも補助対象経費の10分の1まで、上限25万円で補助されます。

申請時期は着工前ですので、工事を始める前に申請をする必要があります。

4月22日から受け付けていますが、補助金の予算が使い切られると申請受付締切となります。

 

佐倉市

佐倉市も補助額は八千代市と同額です。

申請時期が完工後、申請期間も6月からですので、今からまだまだ間に合います!

 

成田市

各自治体が、太陽光の補助金を県にお任せする中、市として太陽光の補助金を出しています。

蓄電池への補助も10万円と他市より高く、成田市の方にはぜひ利用して頂けたらと思います。

 

千葉市

千葉市は一覧に載っていませんが、太陽光も上限9万円で補助をしています。

千葉市の太陽光補助の申請には、蓄電池かV2Hの設置が必須になっています。

 

チームロハスでは、補助金の申請代行も行わせて頂いております。太陽光、蓄電池、V2Hの設置をお考えの際は、

チームロハススタッフまでお気軽にお問合せください。

 

投稿者:森